交叉點通行不得要領

夕霞堂隱士元夏迪

二本の道路が交はる交叉點において、自動車の通行は直進、左折、右折の順に優先せねばならない(道路交通法第三十七條)。

直進が問題となるのは自分が右折をしようとする場合なので判りやすいが、左折車(右折する自車と同じ方向に曲がらうとする對向車)との關係に戸惑ふ人がゐる。左折車を見るや、俄然加速して先に行きたくなる人種も中にはゐるらしい。交叉する道路までの距離を考へれば、左折車の方が壓倒的に近いにも拘はらず、どちらが優先的に通行すれば最も合理的か、判らないのであらう。圓滑な交通といふ大目標を見失ひ、澀滯の原因を創り出す。大概女である。

こちらが左折車先頭で信號待ちをしてゐる。信號が青になり、状況に應じて、對抗右折車先頭を一臺先に行かせる合圖を出す。その後に續くやう左折してゐると、猛然と右折して突つこんでくる車がある。前車に續いて早く右折してしまひたいのであらう、周圍の状況を全然見てゐない。横斷歩道の人を撥ねる直前まで氣づかずに加速してくるのである。オートマチック・トランスミッション(AT)車の普及で、さしたる技術もなしに發進、加速が出來る御時世である。それでも僅か數秒の我慢が出來ないらしい。それ故にこそ、僅か數秒の我慢が出來ないのか。大概女である。

一心不亂に前方の一點を凝視してゐるのが異樣である。誰とも視線を合はせません、誰も視界に入つてゐません、放つておいて下さいと云はんばかりの固まり方である。雜沓ですれ違ふ女の、あの目附である。自動車の運轉は命に關はることである。どうか視界を廣く取つて欲しい。序でに、前後の確認もないまゝに右囘頭してから左旋囘に入るのも止めて戴ければ幸ひである。リクリエイション・ビークル(RV)でこれをやられると、對向車線も後續車も、左折先の對向車も、皆困るのである。世の中は廣いやうで狹いし、狹いやうで廣いのだ。

婦人の名譽のために申し添へれば、運轉のうまい女は概して逹人級の腕前である。後ろに就いても、對向車として遭遇しても、安心して運轉できるし、安全運轉の心持ちと伎倆を引き出してくれるものである。當たり前の事ながら、こちらが道を讓れば、きちんと禮も返つてくる。たゞ、さうした婦人の數が極端に少ないだけだ。

平成十九年十月二十六日一筆箋
同日修訂上網
caelius@csc.jp

夕霞堂文集/夕霞堂寫眞帖
inserted by FC2 system